2010年06月01日

地裁敷地で焼身自殺図る=高齢男性が重傷―神戸(時事通信)

 25日午後7時半ごろ、神戸市中央区の神戸地裁の正面玄関前で、「男性が燃えている」と地裁に来た警察官が110番した。男性は神戸市の病院に搬送されたが重体。火は地裁職員3人が消火器で消し止めた。
 兵庫県警生田署などによると、三田市に住む85歳の男性とみられ、焼身自殺を図ったとみて、身元の確認とともに詳しい経緯を調べている。
 男性は上半身中心にやけどを負っており、現場はガソリンのにおいが残っており、近くにガソリンを入れたとみられるペットボトルが落ちていた。「裁判官が気に入らないから火を付けた」と病院に搬送された際などに話していたという。 

【関連ニュース】
男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体

【1都4県週刊知事】東京 石原慎太郎知事 怒るのは当たり前(産経新聞)
東北で農村男性狙う「結婚詐欺」ひんぴん(読売新聞)
第2回「ナースオブザイヤー」賞が決定(医療介護CBニュース)
兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)
posted by イワナガ トシヒコ at 16:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。