2010年05月28日

<岡本倶楽部>系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)

 会員制温泉ホテルの会員になれば、5年後に保証金が全額返金されるとうたって不正に資金を集めた疑いがあるとして、警視庁と静岡、兵庫、福井県警の合同捜査本部は26日、温泉ホテル会員権管理・販売会社「オー・エム・シー」(東京都中央区)と、岡本ホテル(静岡県熱海市)を含む系列ホテル11カ所などを出資法違反(預かり金の禁止)容疑で家宅捜索した。オ社は05年以降、全国の高齢者など5000人以上から少なくとも二百数十億円を集めたとみられる。

 捜査関係者によると、オ社は05年以降、「岡本倶楽部」の名称で入会費50万〜3000万円を預ければ、5年後の退会時には預かり保証金(入会費の約8〜9割)が全額返金されるなどと勧誘し、現在も第4次会員を募集している。

 会員は静岡県熱海市や伊東市、神奈川県箱根町、兵庫県赤穂市など系列ホテル11カ所で利用できる年間宿泊ポイント(5万〜160万円)が特典としてもらえるシステムで、初期の募集ではポイントが換金できると宣伝していた。

 岡本ホテルは1932年創業の岡本旅館が前身。オ社は05年に会員制「岡本倶楽部」を設立し、静岡、新潟、山梨、神奈川、福井、兵庫、三重の7県にある岡本ホテルの会員権の管理・販売を行っている。

 岡本倶楽部を巡っては、宿泊ポイントの換金が滞るトラブルが起きており、東京都や静岡県の元会員らが保証金の返還を求める訴えを起こしている。

 オ社の新間寿顧問は取材に「3年前に関東財務局の指摘を受け、会員勧誘のパンフレットにあった『元本保証』や『キャッシュバック』の記載を削除したが、家宅捜索を重く受け止め、正常な経営に戻したい」と話した。【酒井祥宏、川崎桂吾、山田毅】

【関連ニュース】
岡本倶楽部:出資法違反容疑で捜索へ
出資法違反:ホテル会員権、200億円集金 岡本倶楽部、容疑できょう捜索
ヤミ金:高金利受領容疑、8人逮捕 7人から225万円 /東京
石油輸入販売会社の出資法違反:詐欺罪の適用見送る−−地検 /広島
FX金商法違反:2億円不法預かり、元社長らを再逮捕−−出資法違反容疑 /滋賀

悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議(産経新聞)
石綿国賠訴訟、控訴断念も=国敗訴判決めぐり閣僚協議(時事通信)
米国防長官「普天間進展喜ばしい」…防衛相に(読売新聞)
<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
真夏日 群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
posted by イワナガ トシヒコ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。